ペットの葬儀と供養

犬と女性

大切なペットが亡くなったら

大切なペットが亡くなってペット火葬をしてあげたい場合は、ペットの遺体をできるだけキレイな状態にしておくことが必要です。ペットに大きなキズがない場合は、タオルやシーツで包んで室内の涼しいところに安置しておきましょう。

業者にペットの火葬を依頼する

今では、ペット専用の火葬業者も多くあります。大阪や千葉にもいくつかのペット火葬業者があります。ペットが亡くなったら連絡をして火葬の手続きを行なうことができます。専門のスタッフが丁寧に説明してくれ、最初から最後まで親切に付き添ってくれるはずです。

ペットの供養方法

ペット供養にはお墓を建てたりお供え物をしたり、仏壇を作ったりといった供養方法があります。これといった決まりはないので、飼い主の気持ちや考え方で決めるようにしましょう。供養のときは、ペットに対して感謝の気持ちを伝えることがなによりも大切です。

ペットの火葬方法

ペットの火葬方法には、個別火葬と合同火葬があります。どちらの火葬方法にも特徴があります。火葬業者に手続きすると同時にどちらの火葬方法が良いか決めておきましょう。

個別火葬と合同火葬の違い

個別火葬

個別ペット火葬では、亡くなったペットを火葬したあとに骨を拾うことができます。骨を拾って個別で持ち帰ったり納骨をしたりすることができます。

合同火葬

合同火葬は、他の方のペットと一緒に火葬をする方法です。火葬した後に骨を拾うことはできませんが、個別火葬に比べると安価で依頼することができます。

ペット火葬のポイント

ペット葬儀は、亡くなったペットをキレイな状態で安置しておくこと、火葬業者で火葬の手続きを行なうこと、供養は飼い主の考え方や気持ちで決めること、の3つがポイントです。

少しでも長く過ごすために

大切なペットと少しでも長く過ごしたい方は、ペットの食べ物に気を配る必要があります。ここでは、ペットの中でも人気が高いネコの食べ物の選び方について説明します。ペットの猫がいつまでも元気に長生きできるキャットフードを選びましょう。

キャットフードの選び方

国産か外国産かチェック

キャットフードには国産と外国産があります。人間が食べる食材ならば、国産が安全というイメージがありますが、キャットフードの場合は外国産の方が安全な場合があります。アメリカやカナダ、ドイツのキャットフードは、日本よりも規制が厳しく、厳格な検査のもとキャットフードが作られています。

ウェットフードかドライフードかチェック

ウェットフードには消化しやすい、水分量が多いというメリットがありますが、コストが高く日持ちしずらいというデメリットがあります。一方、ドライフードにはコストが低い、日持ちしやすいというメリットがありますが水分量が少ないというデメリットがあります。あなたの猫にあったものを選ぶようにしましょう。

脂質とタンパク質をチェック

猫は肉食動物です。そのため、脂質とタンパク質が含まれているキャットフードが欠かせません。タンパク質は30%以上で脂質が20%程度のキャットフードが理想的です。しかし、タンパク質が多すぎると猫は消化・吸収できないので注意が必要です。下痢になる可能性もあります。

原料をチェック

キャットフードの原料は、チキン・サーモン・その他の魚、の3つが代表的です。猫は、陸に住む動物なので本来魚は食べません。そのため、この3つの原料の中ではチキンを選んだ方が、本来の猫の食べものに近くなります。猫に必要な栄養価も比較的入っている原料です。

アレルギーをチェック

キャットフードに含まれている原材料で、猫がアレルギーを起こす可能性もあるので原材料はしっかりとチェックしておきましょう。牛肉と魚は、特にアレルギーを起こしやすいといわれています。ペットのネコのアレルギーを詳しく知りたい方は動物病院でアレルギー検査をすることもできます。

[PR]

キャットフードで下痢が治せる
愛猫の様子を見ておこう! 千葉で好評の動物病院!
ペット・飼い主が安心できる治療を提供中! 優良なペット供養業者をすぐに紹介♪
24時間いつでも電相談受付中! 大阪でペット火葬を任せる
お得なパックも多数あり! ペット火葬を専門業者に依頼しよう
優良店の厳選特集♪

[PR]

広告募集中